スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

078 ブレークダウンの例 (損切り)を更新しました。

こんにちは。寒い日が続いています。とても風の強い日です。

チャート分析マニア、078を更新しました。


078 ブレークダウンの例 (損切り)
078c.png

①:長らく下落してきて、サポートⓈにヒットする。下ヒゲローソク足で上昇の気配が出る。
②:再び、サポートⓈに向かって下落。サポートⓈで下落が止まる。ここまでの動きでは、
サポートⓈは支持されている。上昇が始まる可能性がある。
③:黒ローソク足の2本目、サポートⓈまで下落するが下値は支持されている。
まだ、下値が支持されているのでOKである。上昇する可能性がある。
④:しかし、予測に反して、下放れ窓でサポートⓈを切り、長い黒ローソク足が出る。
これはブレークダウンとなる。もし、この株を保有しているのなら、ここで損切りを行う。

※上の例は、典型的なブレークダウンの例です。①②③サポートⓈで下値が支持されているように見えても、
④の長い黒ローソク足が出て、サポートⓈは支持されていないことになります。その後、続落が予測されます。
よって、④が出たら損切りを行います。

※④が出たとき、出来高が増加していると、さらにブレークダウンの可能性が高くなります。必ず損切りを
行うようにします。(損切りで資金の減少を最小限にして、次のトレード機会を待つのがいいと思います。
特にブレークダウンすると、株価が戻ってくるには時間がかかります。そうなるとトレード資金が塩漬けになる
恐れがあります。)

➼私は、損切りはとても大切なトレード方法の一部だと思っています。どこで損切りをするのかを研究することは、
とても重要です。ブレークダウンは、損切りを行う一つの理由になると思います。(自分に適した損切りのルールを
決めておくと、心配する頻度が減少すると思います。)


ありがとうございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

はじめまして。何度かこのページにお邪魔したような気がします。改めてご挨拶をさせて頂きます。^^

ブレーク、良いですよね。誰が見ても一目瞭然でとてもわかりやすいシグナルです、自分もよく使います。

それにしてもケーススタディが70以上・・・ちょっと一晩で見きれないのでまたお邪魔すると思います。^^

それではまた。失礼します。

フイロン

Re: こんばんは

はじめまして、フイロンさん。コメントありがとうございます。そして、訪問して下さってありがとうございます。

私のブログでは、十数年メモをとってきた内容を掲載させていただいています。

ケーススタディを100まで行うことを当面の目標としています。

どうぞよろしくお願いします。

チャート分析マニアのおっちゃんより。
プロフィール

中年のおっちゃん

Author:中年のおっちゃん
チャート分析が好きな中年のおっちゃんです。私なりの分析の仕方ですが、もし参考になればと思いブログをさせて頂いています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。