FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

076 トレンドラインを突破するときの例

こんにちは、今日も宜しくお願いします。

チャート分析マニア、076を更新しました。

076 トレンドラインを突破するときの例
076b.png

①:上昇が始まる。(上昇が始まるのはサポートからです。ここではサポートを省略しています。)
②:底から上昇後の最初の下落である。上昇に転じる可能性がある。
(上昇に転じるポイントはサポートです。ここでもサポートは省略しています。)
③:上放れ窓でトレンドラインを越える。上昇スタートの可能性あり。その後、動きは小さく、
中立のローソク足が2本続く。まだ上昇力はさほど強くない。しかし、トレンドラインを突破しているので、
この2本のローソク足は調整と解釈する。上昇が始まる可能性があるので、その後の様子を見る。
④:白ローソク足が出て、はっきりしたトレンドが出る。上昇が始まったと予測する。ここでエントリーできればベストである。

※③トレンドラインを越えるのは、上昇力が強くなってきているからです。③では、強い上昇を示していないので、
下落が始まるのかなと思うかもしれません。しかし、トレンドラインを越えているので、まだ上昇が始まる可能性があります。
もうしばらく様子を見ます。

※③や④で出来高が増加しているのが理想です。トレンドラインを越えての出来高増加は、上昇を支持している
と推測します。(トレンドラインを突破するのは、上昇力が強いからです。そのときの出来高増加は、多くの人が突破する
ことを支持していると推測します。)
もし④で出来高増加が見られれば、上昇するのを支持していると解釈しています。よって、その後も上昇が続く可能性が
高いと予測します。

注意:トレンドラインは、人によって多少違いがあると思います。どの点を支点にして、どの点と結ぶのかで、トレンドライン
が異なってくると思います。いろいろな点が候補になるときには、私はトレンドラインは補足的に使うようにしています。
私がチャート分析するときに最も重宝しているのが、サポートとレジスタンス、ローソク足の強さ、そして、出来高の増減です。
これらを中心にして分析し、その補足としてトレンドラインを使うことがあります。



今週も訪問してくださった方々、本当にありがとうございました。
そして、拍手ボタンを押してくださった方、ありがとうございました。

また来週も宜しくお願いします。

そして良い週末を!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年のおっちゃん

Author:中年のおっちゃん
チャート分析が好きな中年のおっちゃんです。私なりの分析の仕方ですが、もし参考になればと思いブログをさせて頂いています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。