FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

071 ブレークダウン(損切り)の例を更新しました。

こんにちは。今週もどうぞよろしくお願いします。

チャート分析マニア、071を更新しました。

071 ブレークダウン(損切り)の例
071b.png

①:サポートⓈを少し切ってから上昇に転じて、強気の下ヒゲのローソク足となる。サポートⓈは、
支持されている。(サポートⓈを切ってから株価が戻るのは、とても強い上昇力と考えています。)
②:再びサポートⓈが試される。ここでも下ヒゲの小さな白ローソク足が出る。サポートⓈが支持されている。
次から上昇が始まる可能性がある。
③:小さな黒ローソク足でサポートⓈにヒット。サポートⓈで下落が止まっているので、この時点ではまだ
上昇が始まる可能性がある。
④:予測に反して、突然黒ローソク足でサポートⓈを切る。出来高も増加している。この動きは、
ブレークダウンとなる。サポートⓈでロングのポジションを保持しているのなら、損切りとなる。
(その後は、下落が続いています。もし、損切りを行なわなかったら、塩漬けとなり大変なことになります。
塩漬けは短期トレードで一番やってはいけないことだと思います。遅くとも、④のブレークダウンの次のローソク足で損切りを
行なわなければなりません。)

※①②③の動きは、サポートⓈが支持されている動きです。しかし、サポートⓈが支持されている動きが出ても、
④サポートⓈを突然ブレークダウンすることが株式市場ではよくあることです。その場合は、即座に損切りを行ない、
トレード資金を守るようにしなければなりません。

➼ポイントは損切りです。損切りは資金を守るための重要なトレード判断です。損切りができないと、トータルで
利益が出ないと思います。

➼私は、ケーススタディでブレークダウンの例をたくさん取り上げています。その理由は、損切りがとても
大切だと考えているからです。損切りをどうなったときに行なうのかを知ることは、短期トレードではとても重要だと考えています。




月曜日はあまりいいスタートではないですね。
今週もお互いがんばっていきましょう!
チャート分析マニア


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

中年のおっちゃん

Author:中年のおっちゃん
チャート分析が好きな中年のおっちゃんです。私なりの分析の仕方ですが、もし参考になればと思いブログをさせて頂いています。どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。